FC2ブログ
■未分類

■2017年10月21日 FC東京vsコンサドーレ札幌 1−2

本当なら駒沢へ高校サッカー選手権の応援と味スタのはしごの予定だったんだけど、二日ほど前から風邪をひいて、しかも雨なのでやめにして、味スタのみにした。

結果的には高校サッカーの方はすごい内容の試合だったようで、一方FC東京はどう攻撃しようとしているのかよくわからない試合で、駒沢に行って東京の試合はDAZNでもよかったかなと、いけない考えをしてしまうぐらい何もないと言っていい試合でした。

どんどん前へ前へボールを運んで欲しい。カウンターする気がないのか、出来ないのか。クロス何本上げた?相手はちっとも怖がっていない。

これ、J1残留本当に大丈夫なんだろうか・・・

応援はするよ。ナオの最後のシーズンだから。でも、勝てないことに対しての悔しさがだんだん薄れている自分に対して「マズいな」と感じているこのごろ・・・

E - 1
ドロンパはいつものように最高でした。雨の日に一輪車にチャレンジして成功させる。選手に爪の垢を煎じて飲ませたい。

E - 1 (1)



■2017年9月30日FC東京vs磐田 0-0

東京ドロンパ誕生パーティーということで12時前に青赤横丁に到着。

今回は青赤ベアーとともにダンス、そしてクイズ大会。橘ゆりかさんの司会進行。楽しみました。

そして「ビジネス」がらみ?で来日したネマ。短い時間でゴールを決めたネマ。昔と変わらないネマ。もう知らない人も多くなったのかも知れないけど、ゴール裏からチャントが出てすごく人気でした。


試合は半歩ぐらいは進んだのか、前回よりはいいけど、なかなかシュートまでいけず、スコアレスドロー。優勝の可能性はなく、降格はおそらく大丈夫であろう、監督が変わり今は立て直しているところ、それも「諦めない気持ち」からというなんとも目標設定が難しい状態。

なので、もちろん勝つところを見たいが、勝利に対する執念は見る側としては薄れてしまった。今はとにかくナオが万全の状態で試合に出ることができる環境を準備してほしいだけ。チームもスタジアムも観客もね。

と、書いたけど、やっぱりゴールが見たいし、勝って試合後のドロンパ見たい^^;

1_20171001195018120.jpg


1 (1)


1 (2)


1 (3)


1 (4)


■2017年7月8日FC東京vs鹿島アントラーズ

4万2千人の観衆の中シーソーゲーム。2−2のドロー。
個人的には5月28日の甲府戦以来の味スタとなりました。
招待券で見に来た親子連れが多く、少年サッカーの子供達にとってもスタジアムの雰囲気も含めて見応えのある試合だったかも。

先制されてもしゅんとなることなく(ゴール裏も)、最後まで良く闘った。
それだけに勝ちたかった。もう少し決定的なシーンがないと勝つ試合は難しいか。

ウタカはゴールキックからの起点となっていたし、ヨネはよく走っていた。ヨネのミドルは枠に飛ばなかったけど、今までのケガのことを考えるとジンとした。

2失点目は寄せに行く人がいなかったように見えたが、このあたり守備の連携、意思統一をしっかりしないと勝ち点3は遠い。2−1、3−1で勝てるようになるといいな。

試合前のナオのメッセージやゴール裏のチャント、「あ〜あ」って思わせない闘う姿勢、どれも見に行って良かったと思えるゲームでした。それだけに勝ちたかった。

ゲーム後のドロンパもしばらく見てないし・・・

1_2017070908123009c.jpg

なぜか試合前に1人で出てきてリフティングしていた中島 翔哉


1 (2) 
「まだまだ足りない!出し切る!」

1 (3)

1 (4)

1 (5)

1 (6)

1 (7) 
月が綺麗だった。

■『メッセージ』 『あなたの人生の物語』 ARRIVAL

1 (5) 

表記の映画を見に渋谷へ行った。宇宙船が「ばかうけ」に似ているということで話題になって、監督までも「宇宙船のデザインはばかうけの影響」なんて悪のりしている動画もどこかで見た。映画館には上記のポスター。こんなのまで作ってたのか。

いわゆるファーストコンタクトもの。展開がゆっくりで今風のテンポじゃないのでその点が受け入れられない人もいるかも。

自分としては「他言語を習得するとものごとの認識が変わる/広がる」って考えが面白かったし、ネタバレになるのでかけないが、ラストになって「ああそうなのか」ってわかり、子を持つ親として心に響くストーリーだった。

インターステラーとかアバターとかは全く合わないがこれは良かった。基調は『インターステラー』より本作のほうが『2001年宇宙の旅』に近いんじゃないかな。


余談


フォレスト・スティーブン・ウィテカーって何度見てもやっぱり鶴瓶師匠だ。


世界中の12カ所に宇宙船が突如現れるんだが、なぜそれぞれの場所なのか規則性は見られないという場面で「シーナ・イーストンの曲がヒットした場所」って説が出てきて「はっ!(^_^;」ってなった(英語の台詞は聞き取れなかったのでホントにそう言ってたのかどうか・・・)。

帰りにブックセンターいとうに行って原作のハヤカワ文庫『あなたの人生の物語』を発見。450円で購入。


■2017年5月28日 FC東京vsヴァンフォーレ甲府 1-1

早い時間に髙萩のヘッドで先制したがその後なんとなくゆるい雰囲気になっていなかったか。
前半終了間際のありえない失点で同点になり、後半何度もチャンスを作りながらシュートはいまいちのものばかり。

失点のシーンは草民のミスなんだろうがなんとなくモリゲも悪いように見えた。どうなんだろう。

一度モリゲはショック療法でもしたほうがいいかも。キャプテン外すとかスタメン外すとか。

勝ち点を失う試合が多すぎます。

HTのドロンパ
1 (5)


試合終了直後。ドロンパの寂しい後ろ姿・・・
2.jpg


3_20170528211257403.jpg


4_20170528211259e5d.jpg


5.jpg 


6.jpg


 7.jpg


■2017年5月3日 ルヴァンカップ 対北海道コンサドーレ札幌戦

1−0で勝利。でも3点ぐらいは取らなくちゃいけない試合だったかな。
阿部はあれ決めたかったし、ウタカ良かったけど今日はちょっと持ちすぎに見えた。

久保選手は堂々としていて立派でした。プレーだけでなく試合後のマスコミの狂乱にも動じてなかった(ようにみえた)。いつかは旅立っていく選手なんでしょうがクラブはマスコミ対策も含めて大切に育てて欲しい。J1でまたみたいね。

気の毒だったのは移籍初ゴールの永井。全て持っていかれちゃったね。次にも期待。

後半の2点目になるはずだったプレーはオンサイドだったね。追加副審のおかげで副審がオフサイドの判断に集中できるということをどこかで読んだ記憶があるんだけど、追加副審自体はオフサイドの判断はしないのかな?得失点差のこともあるのでしっかり見て欲しい。

1 (4) 

シートポストがチップスター!(^_^)


1 (1)

ロープがあるのに結局無視して久保選手に群がるマスコミ。シャーが出来ず、ゴール裏からこの試合1番のブーイング。


1 (2)

広報が「ロープの向こうに戻って!」とか言ったのかな。
久保にシャーを指導してもらった永井(^_^;

一輪車乗ったり、マスコミから選手を守ったりこの日のドロンパは大活躍でした。惚れ直したぜ。



■2017年4月16日 FC東京vs浦和レッズ

0−1でまたしても悔しい敗戦。

東京の攻撃の特徴、得意な形ってなんだろ。無いよね。

「おお!」って声が出るスルーパスとか、「ワー!」ってスタジアムが沸くカウンターとか、ドキドキするコースケのクロスとか、後押しせずにはいられない全員のハードワークとか見たい。


ドロンパは東京の宝です。

1 (10) 


1 (11)

■2017年4月1日 色々あった鳥栖戦

PKで先制されたが、相手GKとフィールドプレーヤーとの連携ミスもあり3得点して逆転するも88分、90分に失点。結局3−3のドローで終了。

2012年ホームは残り15分で千真のハットトリックの大逆転勝利。
昨シーズンアウェイはアディショナルタイム5分の間に2失点の大逆転負け。
鳥栖戦は普通ではない勝ち方負け方をする試合なんでしょうか。

なんともボールを運べず、シュートまでいかず3得点中2点は普通はしない相手のミスでもらったもの。

守備ももろくて特にモリゲがダメでした。代表戦もあまり良くなかったしどうしたんでしょうか。
守りがためで吉本を投入したが、その後2失点はイカンでしょう。

せっかく相手のミスで逆転したのにもったいない試合でした。東京のプレーも良いところが少なかったし、つまらん。

ついでに主審、副審もイマイチだった。

逆にウタカはいい!



権田選手について。
鳥栖入団までの経緯を考えると試合前、試合中のブーイングは当然。自分もしました。「やっちゃった」コールはしなかったけど。
ハイボールのハンブルとDFとの連携ミスの2失点は味スタで東京相手なのでやっぱり普段通りの精神状態ではなかったからか。平常心ではないように見えた。

ゲーム後にゴール裏へ挨拶はこれないだろうなぁとおもっていたけど、気づいたら泣きながらこっちに歩いてくる姿が。ゴールラインあたりでヒザをつき両手をついて号泣。そして両手を合わせて「ゴメン」のポーズ。色々なニュースでは「土下座」したって書かれているが、ただ泣き崩れただけのようにも見えた。どちらなのか、なんでこの点を取材してしっかり伝えないのか、マスコミは。

ゴール裏が土下座を強要したなんて話がSNSにでていたらしいけどそれは自分が知る限りない。

誰であれどんな状況であれ土下座の姿なんて見たくないし、権田はそんなことする必要はなかったと思う。

立ち上がったあとはゴール裏に近づいてきて、さらに礼をしてみんなに謝っていました。

スタンドの色々なところから「権田ガンバレ」の声。そして戻っていく背中に「権田」コール。

東京からの復帰を断ってまで海外でのプレーを希望したのに結局鳥栖に拾われてJリーグでプレーしている経緯はやっちゃいかんことをしたと思うので褒められたものではないが、ゴール裏に挨拶、謝罪にきた姿、そして特に勇気を目の当たりにしてこれ以上あれこれ言うことはやめる。

もういいよ、まじめすぎるよ権ちゃん。そこが良くも悪くもある。絶対応援なんぞ出来ないと思っていたけどこれからはぼちぼち応援する。今日のプレーを見る限りトップコンディションからはほど遠いようだった。オーバートーレーニング症候群が今どうなっているか知らないけど、体調も精神面も(これが大きいと思う)良くして、鳥栖で活躍するのを願っている。

1 (8)
新メニュー優勝の「たれ勝つ屋」さんにて。ヘアスタイルいっしょのポーズ?



1 (9)
HTはエイプリルフールねたではなく花見ねた。



1 (7)
卒業はウソと右に小さく書いてある(^_^;)

■2017年3月18日 TMGC 勝利!

3得点、そして無失点の勝利!

正直、試合前は川崎にいいようにパスを回され翻弄されて失点するんじゃないかと心配していた。
実際、川崎のパス回しの上手さが目立ち、東京は逆にパスミスが何度かあり、良く失点しなかったなという展開。林の活躍が大きかった。

後半途中に橋本に変わった草民がよかった。この交代でボールがつながり試合が東京ペースになったか。

コースケのウタカへのクロスも素晴らしかったし、ウタカは1ゴール1アシスト。ゴールはもちろん、大久保とのワンツーにシビれた。

両チームサポのライトの演出、コレオ、スタジアムの雰囲気が良くて、その上勝利して最高の週末でした。

 



■五本指ソックス

DSC_9337.jpg 

先日の大宮戦試合終了後、大久保がシューズを脱いでソックスになってた。ひょっとしてと思って写真を拡大してみたら。

gohonyubi.png 

試合用のソックスでこのタイプもあるってこと?それとも全部5本指ソックス?

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京