FC2ブログ
■日常

■『ゴッホとゴーギャン展』の椅子

先週、代休を利用して東京都美術館で行われている表題の展覧会に行ってきました。
「黄色い家」での共同生活の前後を時系列に2人の作品をそれぞれ展示。自分にはどちらかというとゴッホよりゴーギャンの作品の方が気に入りました。ゴッホはやっぱり精神的におかしくなったという情報があるため明るめの作品でさえ「狂気」を感じて純粋には楽しめなかったかな。単なる先入観かもしれないけど。渦巻きグルグルのあの筆裁きは「凄い」と思いますが「美しい」とは感じられない。ただしゴッホの代表作になるのでしょうか『収穫』は広々とした景色、そこでの農民の生活などが感じられてこの展覧会では一番の印象。
ゴーギャンの方は赤色の使い方とかなんか良かった。

出口の前には2人の椅子が置いてあり記念撮影が出来るようになってます。

1 (4)

ちなみに「椅子」について初めて知ったのはポールのこのアルバムで。
1 (5)
Pipes of Peace
Van Gogh's Chrome Sculpture By Clive Barker って説明があるんだけどクライヴ・バーカーって作家のあのバーカーなんだろうか?

■モネ展行ってきました。

2015年10月21日(水)代休が取れたので上野の東京都美術館で開かれているモネ展に行ってきました。

6時に家を出て中央線で上野へ。美術館の門に着いたのが7時40分ぐらいか。すでに並んでいる人たちがいて自分は10人目。この日はシルバーデーで65歳以上は入場無料ということで9時30分の開門時間には平均年齢65歳以上の大変な列が出来てました(^_^;)

『印象、日の出』は2日前に展示終了し、昨日から『ヨーロッパ橋、サン・ラザール駅』が展示開始。

正直、絵はよくわからないのですが、特に良かったのはやっぱり『ヨーロッパ橋、サン・ラザール駅』。そして『霧のヴェトゥイユ』と夕日?で赤く映えている『睡蓮』。

一通り見て、2回目をまわった時、1907年作の赤い『睡蓮』を少し離れたところから見たら、1回目に近くで見た時と全然見え方が違っていて、水に浮く睡蓮、夕日?を映す赤い水面、水面に映る木の陰がとても綺麗でした。

やっぱり絵は少し離れて全体を見たいですね。

2時間ほど見て、集中がきれたので外に出たらまだまだ凄い列で最後尾は80分待ちでした。65歳以上の方達が9割は占めていたかな(^_^;)

とてもよかったのでもう一度行きたいモネ展でした。

IMG_6371.jpg
近くにスターバックスがあって開門まで一休み。

DSCN1399.jpg
『ヨーロッパ橋、サン・ラザール駅』の展示開始。

IMG_6374.jpg
11時すぎの待機列。

IMG_6377.jpg
鳥獣戯画展程じゃないけど、65歳以上無料ということで大変な人でした。

■2015年7月北海道旅行

IMG_4930.jpg


世間はお盆休みですが、自分は仕事。ただ、とびとびですが夏休みを数日取れる予定。

というわけで7月に行った北海道。旭川と札幌と小樽。楽しかったなぁ〜。


北海道アルバム

2015年7月北海道旅行

■野川のライトアップ

4月2日。
朝、自転車通勤で野川沿いを走っていたら、トラックが止まっていて照明機器を下ろしていました。これは噂に聞いていた野川のライトアップか。今日なのか!

ライトアップをしているアーク・システムさんのページ。

ということで仕事帰りに自転車で寄ってみました。

ライトアップされるあたりの野川に着いたのが6時頃。まだ明るい時間帯でしたが、桜の下をゆっくり歩いているうちに日が落ちてライトアップされた桜の木々が夕闇に浮かび上がって凄く綺麗な景色になっていきました。

光に照らされた満開の桜は「白色」でも「ピンク色」でもなく、「さくら色」としか形容しようのない何とも言えない優しく鮮やかに光る「色」。

IMG_2826.jpg


IMG_2851.jpg


IMG_2857.jpg

とにかく素晴らしかったです。

■3月11日

4年が過ぎました。東京でこれほど早く街に明かりが戻ってくるとは思っていませんでした。正直こんなに明るくする必要はないんじゃないかと今でも思っています。

IMG_2324.jpg
12日の朝。職場からの帰りの多摩サイ。静かな朝でした。

IMG_2371.jpg
計画停電。今は「節電」という言葉を聞く回数がずいぶん減った。それでも原発は必要なんだろうか?

IMG_2375.jpg
計画停電の時は信号も消えて、警察官が交差点に立っていました。

復興はまだまだ。
味スタなどでの募金とか、Yahoo!で「3.11」検索の募金とか、断続的だけれど何かしらこれからも続けていこうと思います。

■2015年1月1日〜3日仙台旅行

今まで行ったことのないところへ行きたいと家族のリクエストで仙台へ行ってきました。

この冬は各地で大雪になり、無事車で行けるのか心配でしたが、行きは少しだけ雪、帰りは吹雪いて視界が酷く悪くなった箇所もありましたが通行止めになることはなかった東北道でした。

1日目。歩いて仙台駅に行き、牛タン通りにある「喜助」で牛タン定食。東京でも「利久」で食べたことがあるけれど、それ以上に美味しく感じました。
そして、仙台市は予想以上に大きな都市だった。Tower Recordやマルゼンなど文化的な店舗も多く魅力的。行かなかったけれどApple Storeもあるんですよね。




2日目は旅行のメイン、松島へ。
仙台駅に向かう途中ハピナ名掛丁商店街に行き初売りを見る。各地の名産品を福袋として販売する店舗があったので女川町の福袋を購入。おにぎりのキャラがいました。



仙石線で松島海岸駅へ。その先手樽駅ー野蒜駅間はまだ復旧できずバスで代行運転しているようでした。

松島では観光船に乗って湾一周。小雪がちらつく時もある曇り空でも、その風景は予想以上に素晴らしく、船の周りを飛び交う海鳥たち、牡蠣養殖の筏、200を超える大小様々な島、時折見える空からの光の帯、どれもステキな光景でした。


船内に掲示してあった震災時の様子を表す掲示。湾内の大小の島々が自然の防波堤となり災害の規模を他の地域よりは少なくしてくれたそうです。

DSC_4619.jpg
チョイワルのアヒルがタバコをくわえているような形の島。

DSC_4645.jpg
増えすぎるとフンが松を枯らしてしまうためエサをあげるのは禁止になってました。


五大堂と福浦島にも行ったけどどちらもやはり「島」なんですね。「島」は海中の山のてっぺんが海上に出たものと考えると、これほどたくさんの、そして小さな「てっぺん」が集中して存在するのはなんだか不思議だ。いったい海中はどうなっているんだろう。


帰りは駅まで遊歩道を行く。ここも地震で破壊され通行のできなくなった場所。今は綺麗に回復されていました。


夕方に仙台駅に着き駅1階の「北辰鮨」で夕食。久しぶりの廻らない鮨。美味しかった。


最終日の3日目は時間がないのでベガッ太君に会いにユアテックスタジアムに行くのみ。
仙台市の中心地からそれほど遠くなく、駅からも近いようで今シーズンは時間と(なにより)お金があればぜひアウェイ遠征で行ってみたいところです。


IMG_1431.jpg
一昨年の天皇杯の劇的な勝利を思い出す。


帰りは前述のように吹雪と渋滞のため休憩を入れて7時間程かかりました。疲れた(>_<)

初めての仙台、行って本当に良かった。どれほど復興の助けになるのか分かりませんが、お土産買ったり食事したりわずかですが経済活動してきました。

そして、宮城県、福島県の各地で震災の傷跡がまだまだ残っているところを見るべきでもありますが、今回は時間がなくて行くことができなかったのが残念。正直、なかなか東京からは気軽に行ける距離ではないけれど、観光も含めていつか行ってみたい。

仙台旅行 tumblr

■たこ焼き

セレッソ大阪vsFC東京を観戦した翌日、台風のなか梅田の地下街へ。

大阪と言えばたこ焼き!ということで食べログで検索して評価の高い「はなだこ」さんへ。

場所がわかりづらく散々迷ってやっと発見。3人でたこ焼き6つとネギマヨ6つを注文。カウンターで立ち食い。

美味しかった。今まで食べたたこ焼きのなかで1番美味しい!特にネギマヨは大量のネギがのっかっているのですが全然ネギ臭くない。あれは一体どんなネギだったんでしょうか?思わず6つを追加注文してしまった。

オススメ(^-^)/



■3.11

今日はテレビでいろんな特集が組まれているようです。午後7時のNHKニュース内の特集は見ましたが、それ以外はなんだか見る気にはなれません。

もちろん忘れることなく、でも、自分1人で色々感じ考え、静かに過ごしたい1日です。

ひとつだけ、
高萩のことはあるにしても、広島のパフォーマンスは自分にとっては理解不能。正直残念。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京