FC2ブログ
■2013年03月

■20130330 横浜F・マリノスVSFC東京

「悔しいが良い試合で、でもやっぱり悔しい」3月末というのに寒いアウェイは3ー2で惜しくも敗戦。

待機列でもスタンドでもとにかく寒かった。でも試合内容は熱かった。

お互いよく走ったし、プレッシャーをかけた。FC東京からすると先制して、逆転されて、追いついたわけだから、そこからイケイケで勝ち越したかった。

ルーカスも千真も李も良かった。他の選手もよく戦った。だからこそ、FKで壁に入った東にはボールをしっかりはじき返して欲しかったなぁ。

惜しいのはポストにあたったルーカスのシュート。同じポストでも藤田は入って、ルーカスは跳ね返った。こんなところが運というかチームとしての勢いの差だったかも。

見ていてホント楽しく、ハラハラドキドキのゲームで、これで勝てたなら最高なんだけど、そう甘くはないか。だが、本気で優勝を狙っているんだから常に勝ち星先行でシーズンを送りたい。東京は、勝ち越せず、引き分けで終わらせることも出来ず、これで4節終了して2勝2敗。「伸び悩み」にならなければいいけど。

このあとはナビスコで名古屋とリーグ戦で大宮と。どちらも調子よさそうだから、正念場が続きそうだが、期待は大きい!

■20130323 ヤマザキナビスコカップ

菓子杯2試合目は2−4で鹿島アントラーズに久しぶりの勝利。

前半はアントラーズの早いチェックに何度もボールを奪われ、ミスから先制され、まるで昨年の悪い試合を見ているようでした。

しかし前半終了間際に徳永のシュートを千真がチョンと合わせてコースを変え1−1にして同点で折り返し。これが大きかった。

後半、東が入ると東京はどんどんボールをまわし、一方鹿島はなかなか前に出て行けず、東京ペースになった。

25分間ほどの間にルーカス、李、東のゴール。ルーカスは斜めに走り込みDFを背負ってボールを受けると、反転してDFをかわしてのゴール。李と東は待望の東京移籍初ゴール。特に東のジャンプしてタイミングを合わせた左足でのゴールは見事でした。

「FC.TOKYO魂!」でのエルゴラの鹿島番記者?のコメントに「にゃろ!」と思っていた東京サポが自分も含め多くいたでしょうが、これで「どうだ!」ってところでしょうか。

次の試合の相手は絶好調の横浜Fマリノス。昨年はワーストゲームと言っていいぐらいのアウェイゲームをしてしまったので、ぜひ、今年は違うってところを見せて勝ってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■柏戦追加の写真

P1000067P1000085P1000120P1000136P1000178P1000181
P1000202P1000218P1000266P1000310P1000330P1000334
P1000338P1000341

柏戦追加の写真, a set on Flickr.

Flickrからアップのテスト

■ドロンパ

P1000087 by mkatodeko2013
P1000087, a photo by mkatodeko2013 on Flickr.

Flickrからのテスト

■20130316 セレッソ大阪VSFC東京

スカパー!観戦
後半開始後あっという間に失点し0−1で敗戦。

試合中、試合後のTLには審判団への批判がいっぱい流れていた。生中継を見ていた時は「なんでなんで!」って思ったけど、録画を見返したり、Jリーグタイムを見ると東のハンドとオフサイド、セレッソのゴールは妥当なジャッジかなとあらためて思う。また、終了間際の東のダイブもイエローにされてもしょうがないプレー。東にはあそこを踏ん張りクロスかシュートまで持っていって欲しかった。チームとしてもあそこで倒れないプレーを基準にして欲しい。

徳永が痛んで倒れていたのにプレーが続いたのはセレッソ側の判断だし、ピッチ外に出た徳永の手当はグルッと大回りしなければいけないルールなのかもしれないけど、問題はそこではなくて何回かあった「?」なジャッジで後ろからのタックルにイエローが出なかったり、「ハンドじゃないの?」って思うことが数回あったり。どうにも審判団に不信感を感じさせた。権ちゃんのイエローはテレビでは何がどうなっているのか全く分からず。それよりモリゲが怒っていてイエローもらいはしないか心配でしょうがなかった。

誰かも書いていたけど、この日の中継はボール付近をとらえるだけで見たい部分が見えず、オフサイドかどうか判断できる映像が全くなかったからますますジャッジに対して不満が出るばかり。夜のJリーグタイムではしっかり全体が見える引きの映像を映していたが、これはNHKのカメラだからなのか、それともスカパー!ではあえてリプレイしなかったのか。とにかく、見やすい中継をして欲しい。

でも、1番の敗因は前に出せないパスとつまらないパスミス。特に高橋は絶不調で途中交代かと思っていたらそのとおりになった。前回までの気持ちいいボール回しはどこいったのか。

こんな試合でも最低勝ち点1をとるのが優勝の条件だと思うから、今度こんな展開になった時にどう打開するかを期待しよう。

■20130311 2年前のあの時間

2年前のあの時間は仕事でパソコンを使っていて、揺れはじめはすぐにやむだろうとしか思わなかったんだけれど、いつまでたっても揺れは止まず、今までに経験のない長さと大きさの地震で「これはやばいかも」って思った。

建物の外に出てみると気持ち悪くなるぐらい地面が横に揺れた。揺れがおさまったかと思うとすぐに何度も揺れる。

室内に戻ってテレビを付けるととうてい信じられない津波の光景が映っていた。海岸に迫っていく長くて白いあの波。川をさかのぼり、瓦礫とともに畑や田んぼを浸食していくあの波。迫る波のわずか先を走る車。つぶれて流される家々。

そのどこかに人々がいるなんて信じられなかった。

結局その日は、職場に泊まることになった。自転車通勤だったので帰ろうと思えば帰れたんだけど、職場の人たちの安全などを考え、ほとんどの人たちが残った。

とにかく心配だったのは家族と連絡が取れなかったこと。共働きなので小3の息子が今どこにいるのか分からない。先に帰った妻からの連絡で親子とも無事なのが分かったのは夜になってからだった。

やっぱり家族が心配で夜11時になって許可をもらって自転車で帰宅。途中の道路は渋滞。歩いている人がたくさんいた。

帰宅して親子3人で寝た。たくさんある本棚が奇跡的に無事で、すべての本が棚に収まっていた。

翌朝6時過ぎにもう一度自転車で職場に行き、泊まった人たちが無事帰宅するまで残った。一晩残らなかったのが申し訳なく、出来ることはそれぐらいだった。

昼前に自転車で多摩川サイクリングロードを走って帰宅。良い天気で、不思議に思えるぐらい静かだったことを覚えている。

今は味スタを満員に!って願い、今シーズンこそリーグ優勝を!って応援している。アーリアのチャントを歌い、ゴールが決まれば「ワッショイ!ワッショイ!」と両手を挙げる。
ついつい忘れてしまうけど、当たり前のことが当たり前に出来る幸せ。2年前はJリーグは中断し、サッカー観戦どころではなかった。


2年間、自分何を考え、何をしてきたか。そしてこれから自分は何が出来るのか。

もう一度考えよう。

■20130309 FC東京VS柏

ホーム開幕戦は3−0の完勝!

昨年とは違いぽかぽかの天気になった味スタ開幕戦。暖かいだけに花粉が辛かった。

昨シーズンは1勝も出来なかった相手だけにどうなるかと少々不安なのと、今年は昨年からの積み上げがどれぐらい出来ているかという期待の混じった気持ちでした。

前半早々に千真のゴール!さらに2点目も千真。後半にアーリアの追加点!その上無失点で終わり、ワクワクの内容で結果も満足の開幕戦となりました。

みんな良かったけど一番はやはり米本か。とにかく相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪い、その上アシスト。前に後ろに、左右に大活躍。

その他にはルーカスはもちろん良かったし、コースケも得点に絡み。高秀先生はボールを奪い、権田はハイボールに安定した対応をし、徳永も李も・・・とにかくみんな良かった。

これで2連勝。昨シーズンも実は序盤戦良くてその後怪我人が出たりして勢いがなくなってしまった。これから5月までの結果が注目される。やっぱり今年のスタートダッシュは李が活躍できるかどうかにかかっているかも。



電動一輪車のドロンパ!


アーリアのゴール!

■20120302 大分トリニータVSFC東京

1−2でFC東京の勝利。

午前から午後3時頃まで子供がやっているサッカーの上級生=6年生の卒団レク。とにかく風が強くて砂埃が凄くまいりました。が、楽しかった。子供たちもゲームにBBQに良い時間過ごしていたよう。

帰宅し、開幕戦の中継にそなえてまずは風呂。砂埃で髪の毛がゴワゴワでした。

19:00、ついに開幕しましたね。

昨年の序盤の時以上ではないかと思えるFC東京のパス回しの速さ。ダイレクトも含めてどんどんつながっていく。

相手ゴール前でもパスをつなぐのだけど、昨年までは「そんなに人が密集しているところでパスが繋がるわけがないじゃないか」と思ったけれど、このゲームはよく繋がった。相手に取られそうになっても第3の選手がボールを奪いどんどん前にボールを運んでいく。

パスだけではなくて徳永は前へ前へとボールを運んでいくし、時折、ロングパスも出して、多彩な攻撃でした。

見ていてホント楽しかった。

相手コーナーキックからの失点は、一瞬集中が切れたところをやられたもの。危険なバックパスを含めて、昨年に続き課題。

先制されても気落ちせず攻めていき、後半もだいぶ過ぎて疲れが出たところで李と石川のスピードで相手ゴールに迫る。これまた見ていてワクワク。

J2時代に勝てなくて戦前はイヤな感じだった大分に数字以上の圧勝だったと思う。

いよいよ来週はホーム開幕戦。楽しみです!

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京