FC2ブログ
■2013年09月

■20130928 大宮アルディージャvsFC東京

子供の運動会で、日焼けして帰宅した後スカパー!観戦。
広島、浦和、名古屋と3連勝して、相性の良いアウェイ大宮戦。

大宮はプレッシャーが早くて、パスを受けた後にちょっと考える時間を取るとどんどんボールを奪いに来る。なんだかんだいいながら強いというか戦いにくい相手だなぁって思っていたら前半7分にルーカスゴール。ルーコンがゴールすると負けないので今日もいける!だったんだけど、13分、37分にゴール決められ逆転される。

アディショナルタイム、「前半のうちに同点にしたい!」という願いを叶えてくれるルーカスゴール!

後半は大宮が息切れしたか、ほとんど東京ペース。ルーカスの3点目。宏介のシュートをピタッとトラップ、得意の右足アウトでゴール。すごいなルーカス。頼りになる若手ベテランだ(^_^)v

さらには相手GKのパスをかっさらった三田とまたまたルーカスの素晴らしいパスからの平山ゴールで2-5の快勝。

東は、あのパスをしっかり受けていればとか、そこでボールを失うな!とか、いくつか「あ〜!」ってプレーがありホーム大宮戦同様イマイチだった。いやいや、期待の大きさ故なので残り試合で是非是非活躍して欲しい。

主審はぶれぶれでしたね。ルーカスのヘッドはアーリアのオフサイドに見えたんだけど?PKになってもしょうがないプレーが両軍あったし、DFに当たって完全にコースが変わっているのにゴールキックになったり。

金がないから2リーグ制という苦しさは分かるけど(いやホントは分からない。反対!)、正確さを突き詰めていかないと「サッカーって、判定ミスやずるいプレーがあってなんだかなぁ」と一般に思われがちで観客は増えないよ。

磐田戦後に「もう優勝はムリでしょう」って書いたけど、分からなくなってきた。少なくともACLは十分狙える。けど、3位以内じゃなくて1位目指してあと7試合!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■2013/09/14 浦和戦メモ。2ステージ制について。

土曜だけど仕事で、職場から国立競技場へ直行。途中、ツイッターのTLで待機列が最後尾があるような無いようなカオス状態らしいことを知る。

千駄ヶ谷駅改札を出ると、まず、NEWDAYS入店待機列の看板が出てました(^_^;)

以前は改札出て右手にグッズ販売が出店していたけど、鳥栖戦も浦和戦も出店無し。契約かなにかの問題なんでしょうか?ちょっと旧型のユニがセールで出たりして楽しみだったんですが。

SOCIOの待機列はというと千駄ヶ谷門を出て左折し、競技場脇の公園ぞい歩道に延々と列が続き、交差点を越え明治公園まで伸びていました。一応、最後尾の看板があり、カオス状態は無くなっていたよう。15分ほど?かけて千駄ヶ谷門まで辿り着いてみると、一般入場の列はほとんど無くなっていて、SOCIO列にならぶより、そのまま一般入場した方が早かった。でも、阿久根社長が門外で「お待たせして申しわけありません!」と挨拶していたのはさすが。

ゴール裏前方はすでに席がほとんど無かったので左よりの上の方(味スタなら2階席あたり)に座って観戦。ちなみに「F.C.東京魂」の土屋礼央さんが自分が座っているすぐ脇を通ってバックスタンド上方に行かれました。味スタでの天皇杯に続いて2回目の遭遇。ホント東京が好きなのが伝わってきて良いですね。

試合前には2020年オリンピックパラリンピック東京開催を記念して佐藤真海選手の挨拶、聖火点灯(今回はドロンパなし)。そして東選手の100試合記念でご両親から花束贈呈。ちなみに東選手はお母さん似ですな。

試合の方はチャン・ヒョンスのヘッドで先制!こんな早い時間帯に得点して良いのか?とヘンな心配をしてしまった。

36分にはまるで1点目のリプレイのようにFKからモリゲのヘッドで追加点。モリゲと高秀先生2人の喜びようが大変でした。

HTは電動一輪車やかめひよとのからみ?そしてシミオクの人と五輪マークのドロンパタイム。最後に浦和ゴール裏に向かって深々とお辞儀してました。昨年と違ってブーイングはなしで、拍手してくれたサポもいたよう(動画を見直したら、ドロンパへの拍手もあるにはあったが、多くはHT終わってピッチに出てきた浦和選手たちへの拍手だったみたい)。

後半6分と8分にヘディングで2点決められて、同じパターンの繰り返しにさすがにあきれてしまった。が、とにかく応援し続ける。東のGKと1対1があったり(東は小平でシュート練習さらにするべし!)、とにかく失点しないでなんとか1点取ってくれと祈りながらの観戦。これもいつものパターン。

途中から入った石川と平山がDFやGKにプレッシャーをかけ、浦和の勢いを落とす。直接シュートにつながるわけではないが、これがとっても良かったと思う。

そして、45分に平山のゴール!鳥肌ものでした。その後、延々と平山チャントの繰り返し、素晴らしかったですね。

国立で久しぶりの「眠らない街」
ゲーム後は平山とヒョンスのシャー(モリゲがシャーしなかったのは2失点のためか?)

9年ぶりの浦和戦リーグ勝利、最高でした。一昨年の天皇杯を除けば、生まれて初めてリーグ戦で浦和に勝つところを見ました。





じつはお宝抽選会で西川さんのAir Portable当たってしまった。
浦和に勝つは、お宝当たるはで、帰宅した後なかなか眠れませんでした(^_^;)。


2ステージ制について。
試合後に浦和ゴール裏で2ステージ制に反対のゲーフラや横断幕がいっぱい掲げられました。以前から抗議の意味で掲げることは噂されていましたが、試合中はゲームに集中して、試合が終わると、あえて動かず、沈黙状態で10分以上ずっと大小様々な横断幕を一斉に掲げているのは、静かなだけにいっそう迫力がありました。

東京ゴール裏は2ステージ制容認なのか、賛成なのか反対なのか、特に統一してなにかしようという考えではないようですね。意見を統一しようということ自体をあえてしてないのか?2ステージ制反対のゲーフラ1つだけだったようです。

自分は2ステージ制反対。理由は、やっぱり1シーズン通して1番勝ち点の多いチームが優勝とするのが正統と思うから。みんなが納得できる。

普段の入場者数が増えないことには、決定戦を増やして増収益になっっても意味ないでしょう。

もうほとんど本決まりなのかもしれませんが、ちゃんとした説明もなく、このまま2ステージ制に移行するのは遺恨を残すんじゃないかな。長く続く制度とは思えない。絶対反対。

■平山決勝ゴール動画

台風で子供のサッカー大会は明日に延期。明日は仕事休めない(>_<)

では、昨日の国立競技場。平山の決勝ゴール!やったね!




にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村


Instagram
Instagranはこちら(^_^)v

■2013/09/14 FC東京vs浦和レッズ@国立競技場

3−2 勝った!勝った!勝った!

神様、仏様、平山様(そしてコウスケ様!)古いか(^_^;)

とりあえずこの一枚。

P1070315.jpg

■2013/09/07 天皇杯第2回戦

FC東京vs横河武蔵野FCは0−0のまま延長戦までもつれ、延長戦前半に平山のヘッドで勝ち越し。そのまま1−0でからくも勝利。

前半にPKを獲得するが千真が蹴り、相手GKに止められる。

とにかく横河武蔵野のGKが当たりに当たり、セーブの連続。

東京も攻撃が単調。ゴール前でパスを細かくつないで崩そうとするか、宏介の左からのクロスかの2つ。パスは退いた相手を崩すことができず、クロスを入れてもゴール前でドンピシャとは合わない。

アイデアが無いし、強い縦パスを出す勇気も足りない。大部分が東京の攻勢だったが一本調子でワクワクしない。

90分になった時は昨年のことがどうしても頭をよぎり、生きた心地がしなかった。

でも、これからどんどん調子を上げていくんだよな、そうだよな・・・!お願いしますよ・・・




やっととった。平山のゴール。

■2013/08/28 FC東京vsサガン鳥栖

少し前ので、しかも負け試合ですが、これからも千真がゴールを決めるのを願って、国立での(一時は)同点になったゴール。



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村


Instagram
Instagranはこちら(^_^)v

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京