FC2ブログ
■2013年12月

■今年1年ありがとうございました

P1110921.jpg


もうすぐ2014年。

2013年も今までに続きInstagramやTwitterそして青赤系のサイトで色々お世話になり、また楽しませてもらいました。

みなさん、来年もよろしくお願いします。味スタでFC東京を楽しみましょう。

FC東京のリーグ優勝とカップを奪い取ることを願って。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■2009年 平松決勝ゴール。

お疲れ様でした。ただただ、ありがとうと伝えたい。

2009年味スタ最終戦での決勝ゴール!

■2013年12月29日FC東京vsサンフレッチェ広島

第93回天皇杯準決勝は延長を終了して0-0。PK方式により4-5で広島の勝利。

広島対策で3バックにしてミラーゲームで望んだ準決勝でしたが、しっかり守れた反面、点を取ることが出来ず延長へ。ここでもお互い無得点でPK戦へ。

PK戦なら勝てるんじゃないかと根拠のない予想をしていました。そして、3人終わって3-1になったときには「これはいけるか!」ってみんな思ったんじゃないか。

しかし、三田が止められ、西川が自分で4人目で蹴って決めた時になんだか東京はゴールできない感じが出てきて、それからアーリア、石川と止められてしまった。

PKは運だとよく言われるが、結果的に西川の得意とする側に蹴ってしまった東京と、中央を含め、思い切りよく蹴った広島の違いが出たのか。

「あと一歩」じゃなくて止められた3人のうちの1人、ボールが「あと30センチ左」なら元日国立のピッチに立てた。

悔しいとか残念とか悲しいとか色々な気持ちが入り交じって、結局「終わってしまった」のひとことでしか言い表すことが出来ない。

痛かったのはやっぱり交代要員に平山がいなかったこと。数少なかったクロスのいくつかは平山の頭に合わせることが出来たかもしれない。あと、延長後半あたりみんなの足が止まりだした頃にネマを使うのも面白かったんじゃないか。

どれも後からだから言えること。

苦しい試合だったけどみんなよく戦った。特に、加賀は足の速さという特徴をよく出して守ったし、東は最近というか今シーズン一番の出来だったかもしれない。ヨネはいつものヨネで、何度もボールを奪った。石川のシュート惜しかった!

そして、準決勝の国立まで連れてきてくれた何割かは塩田のおかげ。病気を機に第2キーパーの位置になってしまい出場試合が激減したなか、日々努力して東京のために準備して今回の活躍。感謝してもしきれない。

試合後のスタンドへの挨拶の時は泣いているコースケの姿が一番胸に響きました。普段はよくおちゃらけるような印象なのですが、今シーズン開花したFKといい、仙台戦の活躍といい、個人的には小平グランドで行われた夢企画でのミニサッカーで子供とプレーを楽しむ姿とか、人を魅了する選手になったと思います。来年はもっと期待!

一夜明けて、ポポさんのセレッソ監督就任発表、フィッカデンティFC東京新監督の発表、大竹が湘南へ完全移籍、幸野志有人が東京に復帰。林と丸山はレンタルの噂。

そして平松の引退発表。天皇杯大宮戦で復帰、しかし練習試合でアキレス腱を再び負傷。東京に移籍してナビスコ決勝での出場とかありましたが、リーグ戦出場は8試合のみだったのを公式サイトであらためて知り愕然としました。辛いリハビリ期間がいかに長かったか。でも、プレーでは最終節味スタ最終戦のヘディングゴール。パフォーマンスではエア乾杯とみんな大好きな記憶に残る選手でした。今後はどうするのか分かりませんが何らかの形でFC東京の助けになってくれると嬉しい。

2013年シーズンのチームは30日で解散。新チームの始動まで1ヶ月は無いのかな。新監督の下、見てさらに楽しく、そしてさらに強いFC東京になることを期待。

■2013年12月29日天皇杯準決勝

P1120414P1120415P1120426P1120430P1120432P1120433
P1120446P1120451P1120453P1120457P1120467P1120470
P1120472P1120476P1120479P1120480P1120490P1120491
P1120496P1120498P1120506P1120507P1120514P1120521

残念ながらPK戦で敗退。元日決勝行きたかった。試合後泣いている選手が何人かいたが、コースケが一番心に響いた。

■20131228 明日は天皇杯準決勝

天皇杯準決勝で国立へ行くのは2010年の対鹿島以来か。

準々決勝で仙台に逆転勝ちして、それからは朝食を取りながら、コースケのFKと林の決勝ゴールの録画を見て、元気を付けてから仕事に行くのがこの1週間の日課でした(^_^)v

どんな内容であれとにかく広島に勝って、元旦国立を!

■20131222 天皇杯 仙台vsFC東京

準々決勝は延長まで行き1-2でFC東京の勝利!

13:00キックオフだけど、TV放送はBSで18:00から。ネットはもちろん、万が一のためテレビのニュースも見ないようにして情報遮断。

開始3分に失点。これは残り時間がたっぷりあるから悲観しなかったけど、仙台の早いプレッシャーに苦しみ、パスミスが多い。味方に繋げられないというより、相手選手に渡してしまうことが多く、これは良くない時の東京のパターン。

後半途中から仙台の足が止まりだし、東京がボールを支配できるようになっていくが、なかなか得点できない。これまた今年の悪いパターンで「善戦むなしく・・・」ってなってしまうのかと思っていたら、ATに林が倒され、太田のFK。みんながここで決めてくれって願っている場面で本当に決めてしまうコースケ、素晴らしい。

延長になり危ない場面もあったけど、ほぼ東京ペース。特に交代で入った林、平山、ナオが頑張った。右サイドを駆け上がる平山を見て、子供が「地味に足が速い」って感心してました(^_^)。ナオは自陣の左サイドから相手ゴール右サイドまでドリブルでボールを運んだプレーが素晴らしかった。ルーカスのこともあってか、ホント気持ちが入っていた。

後半15分にスローインからアーリア→ヨネ→スルーパスで相手DFウラへ走り込んだナオへ→ナオのグランダーのクロス→平山がニアでつぶれる→飛び込んだ林がDFに当てながらゴール。

これで勝ち越し。準決勝の国立へ。

FC東京の試合を見始めてまだ7年ほど。ハラハラドキドキの素晴らしい試合を何度か観たが、この試合ほど劇的な試合はなかったんじゃないだろうか。あきらめない、自信を持ってプレーする、仲間を信じることがいかに大切か、あらためて感じさせられた試合だった。


夜が更けても興奮収まらずYoutubeで現地の映像を何度も見ました。

雑感
・塩田は今日も当たってました。120分間で3点分ほど止める。
・コースケのFKが決まり同点となった時、ポポさんがガッツポーズしながら東京ゴール裏へ走っていった。コースケがそのポポさんを追い、しっかりハグ。
・林が勝ち越しゴールを決めた時に誰よりも早く駆け寄ったのが三田。
・選手、スタッフ林に乗りかかり山になっているところへダイブするポポさん。
・山の下敷きになり股間を痛めた?アーリア。
・そしてみんながルーカスのTシャツやユニ、平松のユニを着てゴール裏で挨拶。
・トナカイのかぶり物の平山。

どれもこれも素晴らしいシーンでした。

現地の映像。何度も何度も観ました。ありがとうございます。

コースケのFK


林のゴール

チケットJFAで取った準決勝の記念チケット。手数料とか割高だったけど、これで29日行きます!
IMG_6421.jpg

■20137 FC東京vs仙台戦メモ

今季最終節対仙台戦は2−0で快勝。

早く味スタに行きたいような、まだ最後が来て欲しくないような1週間でしたが、午前に子供のインフルエンザ予防接種をすませ、11時過ぎに飛田給に向かいました。

フードコートで牛タン焼きと牛タンマン、弁当を購入し、ドロンパとベガッタ君の出待ち。

いつもの場所からベガッタ君とドロンパが登場し。ベガッタ君にはドロンパに負けないぐらいの人だかり。ベガッタ君はドロンパと一緒に東北のPRをしたり、サイン会したり、大人気。ドロンパと比べてでかかったベガッタ君、サインペンをもっていない女の子に息子がペンを貸してあげたら、そのご褒美に缶バッチをくれた。でかいけど、優しいじゃないか。

待機列に戻りお昼に牛タン焼きなどを食べ、少し早く入場。メールで先発メンバーを見たら、GKに塩田。ネマも先発。これはワクワクで期待がかかる。

試合開始前、ゴール裏からルーカスコール。ネマにも忘れずネマコール。

試合はどちらもよく攻めて、見ていてハラハラドキドキの面白い展開。0−0で前半を終了し、後半にルーカスがゴール!スタジアムは大騒ぎで、ルーカスの目にも涙。後から知ったが、アシストしたアーリアも泣いていたらしい。GK以外の選手みんなでルーカスをかこみ祝福。

その後、セカンドボールを拾えない時間帯があって見ていて、「とにかく失点するな。勝って終わってくれ!」と願っていました。

千真は何度かチャンスがあったが打ち上げてしまったりと決めきれなかった。石川も決定的なチャンスにふかしてしまい、1−0の状態が続く。

89分にルーカスが平山と交代。みんなスタンディングでルーカスコールでした。

その平山が92分に米本のクロスをヘッドでゴール!やっぱり平山はもってますね。

試合後にポポ監督からの挨拶。最後の締めくくりは「良い正月を迎えましょう!」

ルーカスの時は「ルーカス選手からの挨拶です」のアナウンスに続き、FC東京に入団時の自己紹介から今年までのゴールシーンなどのビデオ。天皇杯のゴールや今年のハットトリック、千葉戦でPK失敗の高橋を迎えるシーンなど印象的な場面がいっぱいでした。

優しい人柄がよく出た挨拶の後は奥様とお子さんから花束贈呈。

そして、全員で場内一周をしようとした時にゴール裏からネマコール。おそらく予定されていなかったネマの挨拶。短い期間に短い時間で記憶に残るプレー、ゴールを決めてくれたネマをみんな大好き。色々事情があるのかもしれないが、ホント契約更新しないのがもったいない。もし、来シーズン他のJチームでプレーすることになったら応援します。

ゴール裏でルーカス、ネマ、ポポ監督、それに塚田さんを胴上げ。ルーカスのシャー。その後、ロッカーに帰ろうとするタイミングでネマに「お〜お」とシャーの催促。いつものようにアッパーカットのシャーをしてくれました。

楽しく、嬉しくも、やっぱり寂しい最終節。いい終わり方でした。でも元旦に天皇杯をとって本当の最後を締めくくりたい!

追記
契約を更新しない監督の挨拶に2年間を振り返る感動的なビデオをクラブが作成して上映したり、選手が胴上げをしたり、サポーターからは「ポポ!トーキョー!」があったり。やはり今年限りのネマの胴上げもあったり。スタッフ、選手が替わる必要があるんだろうか。みんな望んでいるんだろうか、来年もこのまま(+大型補強)でいったらいいんじゃないかって思った。

でも、今年の戦い方から、いろいろ思い切って変えるという決断をクラブがしたってことですね。

来年はJ初のイタリア人監督になりそうだけど、0からの出発ではなく、今のスタイルを発展させて欲しい。今は正直不安です。


P1110459.jpg


IMG_6292.jpg


P1110501.jpg


P1110512.jpg


IMG_6299.jpg


P1110564.jpg


P1110650.jpg


P1110712.jpg


P1110794.jpg


P1110904.jpg


P1110919.jpg


P1120134.jpg


P1120077.jpg


P1120234.jpg


P1120251.jpg


P1120258.jpg


P1120264.jpg


P1120259.jpg


P1120380.jpg


P1120391.jpg




■20131130 柏戦 この時期にこの内容は・・・

柏レイソルVSFC東京は4−1で敗戦。惨敗。

スカパー!観戦。
アーリアのハンドでのPKは、腕が上がっていたからしょうがないかもしれないが、2つめのPKはチャンが前で柏の選手が後ろなのに、倒した?ためファールをとられる。しかもペナルティーエリアのわずか外だったような。

前半終わって2−0は苦しいけど、「2−0は危険なスコア」なんて軽口を出すくらい後半に期待してた。とにかくポポさんやルーコンとのリーグ戦はあと2試合。必ず反撃して逆転と思っていた。

しかし、高秀先生のバックパスをゴンちゃんがミスキックで相手選手に当ててしまい、ゴールを決められた時にはあきれたというか、情けなかった。

この時期にそんなプレーが出るのはちょっと考えられない。2つめのPKもチャンのバックパスが弱すぎたのが原因でもある。なんというか、正確さ、確実さ、集中力で東京は劣っていた。

審判も???だったけど、東京のプレーも????。
アーリアは後半になって完全にPKをもらうためのプレーで倒れているように見えた。見え見えで、あれはファールとってくれないよ。それより、引っかけられようが倒れずゴールを狙うプレーが見たい。

唯一の救いが、GKに蹴られながらもゴールした石川のプレー。今、この時期にどんな覚悟で試合をするべきかを石川からみんな学んで欲しい。

最後は味スタホーム。悲しい最終節だけど、笑顔で終わりたいね。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京