FC2ブログ
■2014年08月

■負けないけど勝てないけど負けない

2014年8月30日鹿島アントラーズvsFC東京は2-2のドロー。

スカパー!観戦。

小笠原と遠藤の主力を欠く鹿島なので(それでも鹿島は手強いのは承知の上で言うが)、一平さんが言うように「ボーナスステージ」にしなければならないゲームでしたが、前半に2失点。

ほとんど鹿島にボールを支配され、東京はボールを奪ってもパスミスをしたり、相手より先にボールに向かうことができなかったりとさんざんな内容の前半でした。

特に高秀先生と徳永が良くなかった。コンディションが悪かったんだろうか?

これは4-0とかもありえるかもと思っていたらHTにどんな話しがあったのか、エドゥーと三田の2枚替えで息を吹き返し、武藤がPKをもらいそれをエドゥーが決め2−1。その後鹿島の選手が足裏でエドゥーにタックルして一発レッドで退場。10人対11人に。

前半とは違って動きが良いし、ボールも良く取っていたが、でも正直、全然優勢な感じではなかった。このあたりはさすが鹿島と言ったところか。

3枚目の交代でなんと中島。右サイドからその中島がヒールで流したところを千真が詰め、曽ヶ端がボールをこぼしたところに武藤が走り込みゴール。

後半よく立て直してドローにした。でも、あえて言うと上位グループに入り込むために勝ち点3が欲しかった。これで中位の混戦に巻き込まれて8位。これからも絶対負けられない試合が続く。

リーグ戦は5月10日の徳島戦から中断期間を挟んで100日以上5勝5分けの負けなし。勝ち点20点を稼いでいる。2勝1分けペースには届いてないが立派な数字だ。ホントは徳島とセレッソからは勝ち点3を取りたかったが。

そんなに甘くないのは承知だけど、9月は是非3勝1分け。天皇杯はもちろん勝利でいこう!
(右サイドの裏を狙われるのへの対策お願いします)

柴崎はやっぱり良い選手だね。柴崎、米本、武藤あたりの若手の連携を代表で見たいな。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■待ってる!平山。

公式の発表では「右足内果骨折。全 治約3~4ヶ月」くるぶしあたりの骨折のよう。

2011年4月と2012年5月に大けがをして、昨年からやっとコンスタントに出場するようになった。
今シーズンは小さいお子さんと一緒に入場する時もあり、またチームの成績も上昇中。心身共に充実したシーズンをフルに送れるはずで、期するところがあったと思う。

残念というより、何とも悔しい結果です。

発表があってTL上では再び、主審と森脇選手に対するコメントが色々あったよう。

選手については相手あってのサッカーなのでケガをさせてしまう時もケガさせられる時もある。
だから非難罵倒するのはどうかと思う。

それでも、録画を見る限り、森脇選手はシュート態勢に入った平山の足に足裏でいっているし(まったくボールには届いていない)、その他にも、武藤に後ろからタックルにいったり(ちなみにカードなし!?)、抜かれそうになって、というか完全に抜かれた時に自分は倒れながら武藤のユニを後ろから掴んだりとか(みっともない)、後ろから両腕で抱きかかえるように掴むとか、なにかファイトする姿勢を勘違いしているとしか思えない。いつもの試合ではどうなのか知らないが、そんなプレースタイルの選手にケガさせられたのがなんとも腹ただしい限り。

そして、何度でも言うが、あのプレーで主審はどこを平山のファールとしたのか是非聞きたい。録画で確認しないと分からないようなプレーではないので不思議でしょうがない。

今、平山にかけられる言葉はタイトルのように「待ってる!」しかないんだが、3度目のケガに対してその言葉が本当にふさわしいのか分からない。

でも、ぼくらはやっぱり待つしかないし、それまではチームを今以上に応援していくしかない。そして平山が再びピッチに登場する時はこれ以上はない大声で「ひらやま〜、ひらやま〜」とチャントを唄おう。手のひらが痛くなるほどの手拍子をしながら。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村


■浦和戦動画

高秀先生のヘッド!
あの時間帯にこれがなかったらどうなっていたことか。




武藤の2点目。
追いつかれても逆転する勢いが今の東京にはある(と今後も期待!)。




おまけにHTのドロンパ。
スパイダーマンのまねとかワカチコとかもしていた。



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■FC東京vs浦和レッズ感想

開始早々に失点してどうなるかと思いましたが、すぐにコースケのCKから高秀先生のニアからすらしたヘッドで同点。この形は今まで何度かやってますが大一番でバッチリ決めてくれました。

2点目の平山→武藤へスルーパス→武藤の西川股抜きゴールはとにかく素晴らしかった、パスが出るところでオフサイドにかからないようにDFと並んで横に走ってから裏に飛び出すところなんか冷静+技あり。

3点目のPKは微妙なところ。まあ、あの時間帯では普通とらないんじゃないかなぁ。しかし河野は落ち着いて蹴りましたね。

浦和の2点目となったPKは録画で見るとこれまた微妙で、主審によってはとらないんじゃないかなぁ。でもまあ不用意なスライディングでした。

これで前半3-2。できれば2点差で終わらせたかった。

HTになりドロンパはおなじみの電動一輪車で登場。昨年はレッズゴール裏にも行ったらブーイングされたのと、今回、試合前青赤横丁で跳び蹴りをしようとしたバカがいたようで(-_-)、そのためなのか、ドロンパはレッズゴール裏手前で深々とお辞儀する挨拶をして東京側に戻ってきました。

まあ、自チームのマスコットを愛し、相手チームのマスコットをかわいがることのできないのはサッカー観戦の喜びの一部を損してると思う。蹴ろうとするなんてのは問題外。2度と味スタには来るな、近寄るな。

幸い、その分東京ゴール裏前にいる時間が長くなってHTにドロンパを堪能することができました。

後半は浦和ペースで危ない場面がなんども。なんとかこらえていたのですが槙野の腕コントロール(主審ちゃんと見ろ!)から平川に決められ同点。3-3。このハンドは意図せず当たってしまったというより左腕でボールを体の前に落としているから言い訳しようのないもの。

この日の青赤サポは得点した時だけでなく、失点した時も大きな声を出し、選手を鼓舞し後押ししてました。東京の選手達も失点して下を向くことなくプレーしてくれたと思う。

すぐ後にまたしても武藤のゴールで4-3。今回も観客と一緒に「ワッショイ!イェー!!!」をやってた。

浦和の選手はそれでも気持ちを切らすことなくゴールを狙い、両軍ともバチバチと強い気持ちでプレーして見ていてシビれた。

浦和の4点目になるPKは、試合中は向こう側の遠いところだったのでいったい何が起こったのか全然分からなかった。後で録画を見たが、青赤サポの自分にはボールを高い位置で蹴ろうとした徳永の足に李が飛び込んでいったようにしか見えない。

熱い戦いは結局4-4のドロー。勝たなくてはいけない試合だったし、不可解な笛、あるいは吹かれなかった笛を考えると単純に「素晴らしい試合でした」とは思いたくても思えない。

3つPKはないよな。

同じドローでもしっかり試合をコントロールし、判定基準がはっきりしていたらすっきりしただろうが、主審に試合をダメにされた気分。両チームがレベルの高い戦いをしようとしているのに主審がそれに追いついていなかった。2度とこんなことのないようにして欲しい(ムリだろうけど…)。

浦和はサイドにボールを出すと、ダイレクトにクロスを上げてきて、一瞬の遅れも許されない対応が必要だった。その点が今までの相手とははっきり違うところ。さすが首位のチームだと思いました。好きじゃないけどね。

とにかく負けていない。でも順位を上げるには勝ちを重ねなくてはならない。鹿島戦アウェイだけど勝ち点3で!

P1260393.jpg
土屋礼央添乗員(^_^)

P1260411.jpg
浦和ネタじゃなくてJAXAネタでした。

P1260557.jpg
赤い人たち。

P1260686.jpg
なるほどスパイダーマンに見えなくもなくもなくもない。

P1260726.jpg
ドロンパ!(安心してドロンパを見られるように!)

P1260808.jpg


P1260904.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■すっきりしないドロー

4-4のドロー。
録画を見ないと分からないが、PK3つってどうなのか・・・。

なんだか勝ち負け以前の問題のような気がするが…。主審のことね。

平山は大丈夫なんだろうか…

とりあえずキックオフまでの写真。

P1260407.jpg
ゆってぃと阿久根社長。何話してたんだろ?

P1260455.jpg
わずかですが募金させてもらいました。

P1260530.jpg


P1260538.jpg


P1260563.jpg
荒れるのが心配された天気ももちました。しかし、主審が……

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■盤石な体制

2014年8月20日天皇杯3回戦対松本山雅戦は2-0の勝利。

ジャイアントキリングがたびたび起きる天皇杯。J2、2位の松本山雅を相手に「こわいな〜」と心配してました。

前半途中までは相手に結構ボールを持たれて、ある意味いつものペース。松本はサイドチェンジで揺さぶってきましたが今シーズンの東京は落ち着いてみていることが出来る。相手のパスコースやシュートコースに誰かしら必ずいてブロックすることがたびたび。

0-0で行ければいいかと思っていたら41分に河野がゴール。ヨネのシュートの意識とエドゥの反応も見事。

後半になると松本が疲れたのか、東京が作戦を変更したのか、ボールをポゼッションして、パスをつなぎ、時にはドリブルでゴール前に突破し、ワンツーをトライしたりと、ほぼ東京のやりたい放題だった。平山が交代してすぐ得点。

自陣ゴール前でモリゲがクリアしたハイボールをライン際で石川がダイレクトに背面に蹴り上げたのを千真が胸トラップ、そのまま相手ゴールへ突進した場面なんか「すげー」と思いました。

コースケはゴール前でFK。ボールがサイドネットを揺らした時は入ったと思ったのですが残念ながらネットの外側。でも、いつも期待させてくれます。

久しぶりのナオもよく走りボールに絡んでいた。でも、石川がほしがっていたけどボールが廻ってこなかった場面がいくつかあって、周りがナオをもっと使ってくれればと思った。
最後の平山からのおとしをシュートしたのは盛大にふかしてしまったが、あれを決めていたらスタジアムの盛り上がりは凄かっただろうなぁ。

これで4回戦進出。9月7日に清水と味スタで。なんか清水といっぱい試合してる印象…。

P.S.
そういえば「ミドリは大っ嫌い」の大脱走チャントやらなかった。

P1250896.jpg
松本山雅サポのみなさん。平日にもかかわらずたくさんいらしてました。試合前から終了までチャントを続け、素晴らしい応援でした。来年はJ1リーグで対戦したい。
12番ユニの多さもチームをサポートする意識の表れなんでしょうか。


P1250898.jpg
スイカは松本産。


P1260032.jpg
アギーレ監督か?


P1260062.jpg
西村さんになにか言うタマ(^_^;)


P1260066.jpg



P1260183.jpg


P1260279.jpg
終盤はコースケじゃなくてナオがCKを蹴っていた。

P1260372.jpg
浦和戦も得点たのむ!


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■試合使用球当たった

先日の仙台戦でユーロスポーツがカードフェスタを実施して、子供が誕生日プレゼントにボックスのセットを欲しいと言ったので購入したらクジ引きで当たりました、サイン入り試合使用球!



太田は誰のサインかわかるようにこーすけと書いてくれている^_^

Amazonでこれ用にディスプレイケース買いました。子供の宝物です。

■首位に勝つ

2014年8月16日アウェイ鳥栖戦。0-2で勝利。そしてまたしても無失点。

先週夏休みだったので今週末は土日もシゴト。午前で仕事を終え、夜にスカパー!観戦。

セレッソに引き分けて勝ち点1のため7位に下がっていたからここで絶対勝ちたい試合。

エドゥーがベンチにもいないメンバー表にビックリ。ケガでしょうか。

序盤に豊田と権ちゃんとモリゲが交錯した後、モリゲが豊田に対して異常に怒っていたけど、テレビで見る限りそんな反応するようなプレーに見えなかったが、あれはなんだったんだろう?

前半速い時間帯に千真→ヨネのゴール。ふかすことなく見事なダイレクトでした。

後半は1年ぶりの千真のゴール!ビデオを見返すと数プレイ前にセンターラインあたりで千真が粘ってボールを前に運んでいて、これが素晴らしかった。普段の千真にちょっと足りないのはこの「ねばり」「貪欲さ」じゃないだろうか。今後もたのみます!まずは山雅戦で。

攻められる時間帯も多かったんだけど、今年は結構安心して見ていられる。クロスを上げられても、シュートを打たれてもとにかくはじき返す。足だったりヘッドだったり体をはっていて守りが堅い。

ちょい残念だったのが平山。「ここでボールロストするな」とか、「トラップしっかり」とかなんど思ったことか。平山がボールをおさめたりパスをつなぐとかできていたら、さらに攻撃が連動したと思う。もっと自分に厳しいプレーをして欲しい(たぶんしているんだろうけど…)。

「ユンジョンファン」コールはその是非について議論は不毛だと思うが、品がないし、ユーモアもない。煽ってるつもりなのかもしれないが煽り方がつまらないね(って、何を?誰を?煽ってるの?)。

これで5位に上がった!順位を上げるのはこれからが大変になってくるけど、8月のリーグ戦残りの浦和、鹿島含めて、高秀先生の言うように2勝1分けペースでいこう(3勝でも可)。

水曜日の天皇杯松本山雅戦は負けたら終わりなのでリーグ戦以上に気を引き締めて望んで欲しい。今回、久しぶりの出場となったナオに期待!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■Godzilla

見てきました。
GodzillaにはGodがいるわけか。

建物をたくさん破壊してこそ怪獣映画。ホントこれでもかというぐらい壊してましたね(^^;;

そうくるか、って思う「エイリアン」的な設定もまぁ良し。

日本人からするとツッコミどころが幾つかありましたが全体的には楽しめました。放射能の危険性を分かっているような設定なのに、なんで核爆弾をそこで使おうとするのか?とか。しかも、計画倒れになるし(・_・;

でも、最初から最後まで面白かった。続編できたらまた見たい。

話題になっていたZipディスク。出てきました~。^_^ しかも250M USBらしきZipドライブで読み込んでいたよう。あのかっこいい流線型なヤツ。当時欲しかったなぁ。日本ならMOかと思ったけど、アメリカ人技師が使ってたからZipでいいのか。

ゴジラのシッポは強力だ。あと、口から出すやつも。

ラストシーン近くで怪獣と闘ったあと、横たわっているゴジラが案外可愛く見えた。

根本的になんでゴジラは怪獣を追っかけて倒そうとしたんでしたっけ?わかってない。(^^;;

俳優陣は他のアメリカ人?俳優たち(最近の俳優は全然知らないので実績のある人たちかどうかわからない)より渡辺謙が一番貫禄があって安心して見ていられた。超一流ですね。

吹き替え2D版を見たんですが、爆音版は楽しそうと思える迫力ある映画でした。

■たこ焼き

セレッソ大阪vsFC東京を観戦した翌日、台風のなか梅田の地下街へ。

大阪と言えばたこ焼き!ということで食べログで検索して評価の高い「はなだこ」さんへ。

場所がわかりづらく散々迷ってやっと発見。3人でたこ焼き6つとネギマヨ6つを注文。カウンターで立ち食い。

美味しかった。今まで食べたたこ焼きのなかで1番美味しい!特にネギマヨは大量のネギがのっかっているのですが全然ネギ臭くない。あれは一体どんなネギだったんでしょうか?思わず6つを追加注文してしまった。

オススメ(^-^)/



■アウェイで勝てなかったけど負けない。

全ての試合に勝つことは現実的じゃないが降格圏あたりで苦しんでいる相手にスコアレスドローは残念。

台風が近づくなか帰省先から車で大阪に来ました。

ゲームが開催されるか危ぶまれましたが、結局、風は強かったけど雨は全然大丈夫。

試合の方はもう少し攻撃したかった。スタッツ見てないがシュート数少ないんじゃないかな。ちょっとしたズレでパスがつながらないとか、風のせいかクロスが長すぎてゴール前にいる選手に全然合わないとか、残念なシーンが多かった。

一方、守備は良かった。今シーズンの特徴で、あえて相手にボールを持たせているのか守る時間は多いけど攻められてもあわてる様子はない。

毎回言ってる気がするけどヨネがホントいい!

今後の相手を考えるとセレッソには勝っておきたかった。でも今のところ一応2勝1分けペースですね。

上位との対戦になる8月の残り3試合が東京の真の力が試されることになりそう。


しかし、試合前に「ポポ、トオーキョー」とかアーリアチャントとか「緑は大嫌い」じゃなくて「セレ女は大好き」とか色々ありましたな(^-^)

まあ、アーリアチャントはもうやんなくていいんじゃないか。東京の選手じゃないんだし。

あ、試合前のやつね。まぁ、ネタだったんだけど……










こてこてのセレッソ色な鶴ヶ丘駅。セレッソ好きなちびっ子にはたまらないでしょうね。

ここまでいかないにしても、飛田給ももう少し青赤になると嬉しい。

■清水戦の動画まとめ

大青赤横丁と試合の動画です。


阿久根社長のトーク。ホント社長は話が上手い!理路整然としかも楽しくトーク!


阿久根社長のトーク後半。礼央さんリハーサル。ZAQのダンス。橘ゆりかさんとルーコン、梶山。魂!メンバー紹介。
礼央さんも話しが上手いですね。もちろん曲もイイです!


大青赤横丁でドロンパとパッチョがLet's Grooveでダンス。足を合わせるところがカワイイ(^_^)



エドゥ、ムトー、コースケ、ムトーのゴール。試合後のコースケとムトーのシャー。ユニ投げ入れは「移籍」とかじゃなくて良かった(まぁ当然だけど)。

C大阪戦は天気が良くないようですが帰省から足を伸ばして参戦予定。勝って順位を上げよう。上位に行くためにはホームとアウェイ両方で勝つ相手を作ることが大切。

その後の鳥栖、浦和、鹿島、そして天皇杯松本山雅が今シーズン中盤の山場。高秀先生が言ったようにリーグは2勝1分けペースでいきたい!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

■FC東京vs清水エスパルス 大青赤横丁阿久根社長のトーク

2014年8月2日。マッチデイステージ始まりの阿久根社長。
いつも通り阿久根社長は話が上手い。「2年間守備練習しませんでした」から始まり、裏話をまじえながら前半戦を振り返る。
W杯に出たその後のモリゲの話。カニーニ加入から吉本の話。

ドロンパと火ぐまのパッチョのリアクションも楽しい。

■夏祭りトーキョー

2014年8月2日FC東京vs清水エスパルスは4-0で東京の勝利。

大青赤横丁が開催されるというので猛暑の中昼過ぎに味スタ到着。アクエリアス飲んで、シラス丼食べて、焼きそば食べて、お茶飲んで、かき氷食べて、水飲んで、かき氷食べて、シュラスコ食べて、フルーツアイスの三ツ矢サイダー割り買ってルーコン店員と記念写真撮った。

阿久根社長の挨拶(「実はこの2年間守備練習をしていませんでした」!)、橘ゆりかさん、ルーコンエンバイシャドール、梶山選手との対談にレオさんのコンサートと魂!の面々のステージを楽しんだら5時過ぎ。

4時間炎天下は正直しんどかったけど、ルーコンに会えたし、ドロンパバーテンダーと写真撮ったり、レオさんの歌声はもちろんMCも良かった。

ちなみに横丁ではE,W&F(September!)やホール&オーツなど懐かしい(実は今も良く聴く)曲がかかっていてこれまた楽しかった。

スタジアムに入るとDJが曲をかけていていい雰囲気。

試合の方は仙台戦同様、前半に3点。
1点目のエドゥのゴールはクリアミスされたボールを少し後ろに下がりながらのダイレクトボレー。
2点目はコースケから武藤へピンポイントクロス。武藤はバックヘッド気味に狭いニアへゴール。
そして3点目はまたまたきましたコースケのFK。前半終了直前あの位置でファールをもらった時、これはコースケが決めるにちがいないと東京サポの何割かが思ったでしょう。完全にGKの裏をかいたすばらしいFKでした。

HTにはドロンパと火ぐまのパッチョ(チャームポイントはおしりby阿久根社長)のダンス。

仙台戦では得点が全て向こうがわのゴールだったので遠かったのですが、今回は武藤が東京ゴール裏の目の前で4点目。素晴らしい2回の切り返しで、これまた狭いニアにズドン!と決めた。

今はピンチがあってもしっかり守れているので見ていて安心していられる。ボールを持った相手に2〜3人でプレッシャーをかけるとか、ハイボールはヘディングで何度もはじき返しているとかチームとしてどう守るかが統一されてきた結果でしょうか。

攻撃は、中断前までは「どうゴールまでボールを運び、どう点を取るか」が今ひとつはっきりしなかったのが、武藤の走り、エドゥのポスト、コースケのクロスなど選手がそれぞれ特徴を出し、しかも、チームとして連携している。

大青赤横丁で阿久根社長が言うには「やっと攻撃練習にも時間がさけるようになりポゼッションも良くなってきた」そうなのでしっかりした守りプラス昨年までのポゼッションの完成度を高めていけばもっともっと強くなれる。

試合後ゴール裏で武藤とコースケがシャーをした後ユニを投げ入れたのには、フラグじゃないだろうが驚いた。よっぽど嬉しかったのか(^_^)

次節はアウェイC大阪戦。帰省がてら参戦する予定です。子どもにとっては初の関西、大阪。楽しみ。

PS
勝利インタビューが終わった後、武藤が日比野さんで入籍祝いの花束プレゼント。おめでとうございます。


最後に、東、がんばれ!!

清水戦のアルバム




P1250238.jpg

P1250253.jpg

P1250211.jpg

P1250289.jpg

P1250333.jpg

P1250490.jpg

P1250489.jpg

P1250399.jpg

P1250558.jpg

P1250609.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京