FC2ブログ
■2015年09月

■マッシモと共にシーズン終盤へ。子だくさんの徳さん300試合。ドロンパ誕生パーティー。

味スタ対松本山雅戦は1−0の勝利。

仕事の徹夜明けで行ってきました。

試合開始前に「マッシモトーキョー!」のエンドレスコール。前節試合後「シュート打て!」コールへのマッシモ監督の反応に対する誤解?があっただけに「一緒に戦う」姿勢を見せるためにとっても良かった。

こういったクラブとサポーターの一体感は素晴らしいですね。

キックオフ前に徳永選手J1リーグ300試合出場記念の花束贈呈。試合後のインタビューで感想を聞かれて「やっぱり子どもが多いな(笑)」とか「転ばないか心配でした」とか徳さんの人柄がうかがえて微笑ましい。「俺たちの徳永」コールがあったし、試合後にはシャーもありました。

試合の方は前半向こう側でよく見えなかったけどコースケから前田選手のヘッドで先制。

山雅は積極的に攻め、ロングスローもあるし、CKも色々工夫されていて怖かった。それに対してFC東京はしっかり守り、特にヨネや河野が良かったと思う。攻撃ではバーンズや橋本の惜しいプレーもありましたが、ゴールならず1−0で終了。

あと1点入ればもう少し安心して見られたかな。「ワッショイ!」2回できるし…。

これが今の東京の戦い方。しかし鹿島や浦和などには勝ちきれて(守り切れて)いないので次の広島戦では2点取れるような展開となることを願ってます。残り5試合すべて大一番ですが次節はアウェイ広島戦。強い相手に勝つ東京を見たい!



そしてドロンパ誕生パーティー。試合前の青赤横丁ではドロンパ専用ユニがデサントからプレゼントされ、HTでもお披露目してました。前半ハイライト上映とかぶらないようにしてスタジアムのビジョンにうつしてほしかったなぁ。
でも、やっと出来たドロンパユニ、ドロンパファンのみんなはと〜っても喜んでます。




2015年9月26日FC東京vs松本山雅戦

■2015年9月19日(土)痛い敗戦。「シュート打てコール」マリノス戦

アウェイ、Fマリノス戦は終了間際に失点し1−0の敗戦。1位2位との勝ち点差を考えると痛い。


昨シーズンは東のゴールで0−1で勝利。「ウノゼロウノゼロ」と喜んでました。そして試合後にはマッシモの「シャー」もありましたね。が、確か後半はシュート0だったはず。

今回も前半後半通じてお互いに硬い試合で、どちらも相手の守備を崩すのに苦労しているように見えました。一番大きな違いはやっぱりシュート数でしょう。東京のシュート3本。しかも後半はゼロではまあ勝つ可能性は低い。

試合後のブーイングと「シュート打て」コールにマッシモ監督がブチギレた?と伝えられているけど、今の順位はもちろん立派なんだが、目指すは優勝なんだからこの時期にこれだけ攻撃できない試合を見ればゴール裏の反応は当然でしょう。順位にブーイングしたわけじゃないんで、大一番に攻撃できずに負けてしまったことへの反応だと思います。

そんな単純なものじゃないことを承知で書くけど、「難しい相手」として東京が勝てなかった清水と名古屋に対して広島、川崎、浦和は大量点で勝利しているわけで、やっぱりここぞという試合に勝ちきれていないのは攻撃が弱いのが一因だと思います。「結果にこだわる」ならここぞという時に勝たないと…。そのためには攻撃が物足りない。

でも、今、監督、選手、スタッフとサポーターとの間がヘンな雰囲気になるのが一番いけないことで、建設的な批判はありだと思いますが、「全ては勝つために」サポートです。


flickrの写真と中村俊輔のCK動画

2015年9月19日FマリノスvsFC東京

■『火星の人』読了

51qzI1dOI1L.jpg


少し前に読み終わっているんだけど久しぶりに本の紹介。

誰もが知っているあの『アルジャーノンに花束を』をやっと読んで、素晴らしかったので、SFつながりでハヤカワ文庫のこの作品を読みました。

簡単に言うと火星版ロビンソン・クルーソーなわけですが、とにかく面白い。色々な困難をどう克服するか、たとえるなら「障害物マラソン競走」。主人公のポジティブな態度、ユーモアがとても良い。

1つだけ不満をあえてあげるとあれだけの期間1人で生きていくわけだから「孤独に苦しむ」ことは絶対あるはずで、そんな姿も読みたかった。まあ、忙しくて寂しがっているような暇はなかったという設定なのかもしれないけど。

最後の最後までドキドキ。

オススメ!

■悔しい、なさけない。

2015年9月6日ヤマザキナビスコカップ決勝トーナメント 第1戦2ndレグ、アウェイ鹿島戦は3−0で敗戦。
通算2−5で敗退決定。

スカパー!観戦。

マッシモ監督になってグダグダになる試合は激減したと思うけど、昨日の鹿島戦はパスは繋がらない、ボールを持つと相手の素早いプレッシャーに慌ててしまう。シュートも打てない、という時々見せるダメダメ東京でした。

なにより力を出し切らなくて負けたことがなんとも悔しい。守備も攻撃ももっと出来るはずなのに。

遠藤の3点目なんてあそこからまたアレを打たれてあの時間帯に失点するかよ。終了の笛が鳴ってないのに気持ちを切らしてしまうのかよ、って…

太田が言うようにポゼッションしてシュートまで持っていく攻撃力がないといくら守りが良くなっても(今の東京の守りが良いとは思わないが…)勝ち点3を積み重ねるのは難しい。それが出来るメンバーだと思うんだけどなぁ…。

マッシモさん2年目でリーグ優勝(に近づく)なり、天皇杯優勝(に近づく)なり、なんらかの結果を形として出して欲しい。

あ〜あ。つまらない試合だった、といいながら週末の味スタヴィッセル神戸戦が楽しみでしょうがない。皆さんそうですよね?(^_^)


■2015年9月2日中島翔哉ゴール!FC東京vs鹿島アントラーズ

ナビスコ杯FC東京vs鹿島アントラーズ戦は2−2のドロー。

河野のヘッドで先制するも逆転され、これは(>_<)と思っていたら中島選手の同点ゴール!



アウェイゴールを考えると不利な状況ですが、とにかく日曜に勝つだけ!


2015年9月2日ナビスコ杯HT FC東京vs鹿島 ドロンパの砂浜でダッシュして旗を取るやつ



ナビスコ鹿島戦の写真 on Flickr
2015年9月2日ナビスコ杯FC東京vs鹿島アントラーズ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京