FC2ブログ

■2016年5月24日 ACLラウンド16 辛い結末

ラウンド162ndレグは0−1で上海上港の勝利。ホームアンドアウェイで2−2となったがアウェイゴールを奪った上海がベスト8へ。

あと3分をしのぎきれずあまりにも辛い結末。

以下、サッカー経験0の自分の感想を徒然なるままに・・・

素晴らしいゲームをした次のゲームで同じ力を出せずに勝てないパターンが東京にはよくあるのでちょっと嫌な感じがしていた。でも、自分はゲンを担いでそれを言葉にしないようにしていた。

上海は1stレグとは比較にならないぐらい圧力をかけ攻めてくるだろうから失点0は難しい。とにかく1点取ること。そうすればすごく有利になる。だからもう少し攻める姿勢を見せて欲しかった。しなかったというより上海がさせてくれなかったのかもしれないけど。

序盤、ショートコーナーから東が低いクロスを入れたプレー、シュートを打って欲しかった。コースがなかったのかもしれないけど、GKがはじいたボールがどう転ぶかわからないし、たとえゴールしなくてもチームに勢いをつけるためにもシュートすべきだったか。クロスならゴール前を超えてファーにいた水沼へ蹴っていたらどうなっていたか・・・

羽生がすごくよかった。前田へのパスの場面など結構前目でプレーしていてそれが活きていた。丸山と交代した時の表情を見たが最後は体力的に限界だったかもしれない。

丸山が入って橋本を羽生の位置にして、右に徳永、左に丸山のSBでいくのか?って思ったけど、橋本はそのまま右SBに残って5バックだったのか?
終盤に佐原や平松を入れて5バックにし守りきった2009年のナビスコ決勝のイメージが城福さんにあったんじゃないかなと勝手に思っている。

先発で橋本のSBはありとしても、守りきるしかなくなった終盤では怖すぎた。というより最初から上海は橋本サイドを狙っていたね。

最後はゴール前を固める作戦だったのか、プレッシャーをかけないので好きなように遠目から放り込まれていた。前田と阿部でボールホルダーに詰めていくべきじゃなかったか・・・

前田があれを決めていれば・・・・「たられば」は意味がないけどやっぱり決めていれば・・・・・・・

モリゲはヒートアップしすぎる悪い癖を出さずに熱く、冷静にプレーしていて、この試合にかける気持ちが伝わってきた。

1stレグのような躍動はなかったけど東京の選手たちはこの試合もすごく頑張った。ラウンド16まで連れて行ってくれたクラブに感謝。そして現地に駆けつけたサポの皆さん本当にお疲れさまでした。

ベスト8に行けてたらムリキのプレーが見られたかもしれない。それより何より間に合えばACLユニでピッチを駆けるナオの姿を東京スタジアムで見られたかも。それも叶わぬことになってしまった、残念でしょうがない。





関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京