■鳥栖戦 気になったこと

昨日の試合、スカパー!観戦をしていてずっと気になっていたこと。

試合中自分たちのボールなのに簡単に相手ボールにしてしまうことが何度もあった。
それはスローインしたボールを寄せられ取られたりとか、必要がないのにワンタッチでパスしそれがずれて味方につながらなかったりとか、GKがタッチラインを割ってしまい相手ボールになるとか、FKが簡単に相手に渡ってしまうとか。一番怖かったのはペナ内のクリアが小さく相手選手にシュートされたやつ。

サッカー経験の無い自分なので的外れの部分があるかもしれないけど、何が言いたいかというとこれだけ自分たちでチャンスを逃しているんだからそりゃあ得点が上がっていかないだろうということ。

スローインを取られるなんて東京の伝統芸と言っていいほどになっていて、味方のスローインをもらいに行こうという選手がいない場面なんて何度見たことか。

もう一つの伝統芸はヘディングが相手へのパスになるってやつ。最近は減ってきたかもしれないがこれもイヤと言うほど見てきた。全部が全部じゃないけど、ただはじき返すだけじゃなくて味方へのパスに出来ないか。相手選手と競ってないケースなら胸トラップしてツータッチぐらいしてから正確にパスを出せないものか。あるいはヘディングする選手に対して「オレにくれ!」ってアピールする選手はいないのかと思ってしまう。

技術的な問題もあるだろうし連携がまだまだかもしれないが、マイボールは絶対失わない、シュートまで持っていくんだという「気持ち」「勢い」を見せて欲しい。

今度の味スタでは安心して「眠らない街」を歌いたいね。
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京