■2016年12月18日 StarWars ローグ・ワン

Cinema Cityで観ました。極上爆音上映ということで重低音がハンパなかったです。床まで響く響く。

以下ネタバレありです。

エピソード4の直前の話。

正直中盤までは寝不足だったこともあって少々ダレました。ほとんどが灯の暗いシーンの連続で閉塞感があったのと、1つ1つのシーンが短くてちょっと待って!と思ったり(これは年取ったからかなぁ。今時の若者にとってはいいテンポなのかも)。

いかに設計図を手に入れるというテーマから、前半はたとえば『荒鷲の要塞』(だったかな?)のようなサスペンスで引っ張っていくストーリーだと自分にとってはもっと面白かったかも。でも今時ははやらないんでしょうね、そういうの。

後半になり青空の下(^_^;)の戦闘シーンになると俄然面白くなって楽しめました。Xウイングが飛ぶところのアップとか大好きなAT-ATウォーカーが首に攻撃受けて頭がクイッと曲がるところとか面白かった。

ロボットのK2-SO(これ良いね!)含めて登場人物達がみんな死んでしまったのには驚いた。そういう歴史になっているんですね。

しかしピーター・カッシングはそっくりさんだったのかな?レイアはおそらくCG?ちょっと変な表情になっていて無理に出すことなかったかなと思った。

というわけで後半は楽しめた番外編でした。




関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京