■2017年4月1日 色々あった鳥栖戦

PKで先制されたが、相手GKとフィールドプレーヤーとの連携ミスもあり3得点して逆転するも88分、90分に失点。結局3−3のドローで終了。

2012年ホームは残り15分で千真のハットトリックの大逆転勝利。
昨シーズンアウェイはアディショナルタイム5分の間に2失点の大逆転負け。
鳥栖戦は普通ではない勝ち方負け方をする試合なんでしょうか。

なんともボールを運べず、シュートまでいかず3得点中2点は普通はしない相手のミスでもらったもの。

守備ももろくて特にモリゲがダメでした。代表戦もあまり良くなかったしどうしたんでしょうか。
守りがためで吉本を投入したが、その後2失点はイカンでしょう。

せっかく相手のミスで逆転したのにもったいない試合でした。東京のプレーも良いところが少なかったし、つまらん。

ついでに主審、副審もイマイチだった。

逆にウタカはいい!



権田選手について。
鳥栖入団までの経緯を考えると試合前、試合中のブーイングは当然。自分もしました。「やっちゃった」コールはしなかったけど。
ハイボールのハンブルとDFとの連携ミスの2失点は味スタで東京相手なのでやっぱり普段通りの精神状態ではなかったからか。平常心ではないように見えた。

ゲーム後にゴール裏へ挨拶はこれないだろうなぁとおもっていたけど、気づいたら泣きながらこっちに歩いてくる姿が。ゴールラインあたりでヒザをつき両手をついて号泣。そして両手を合わせて「ゴメン」のポーズ。色々なニュースでは「土下座」したって書かれているが、ただ泣き崩れただけのようにも見えた。どちらなのか、なんでこの点を取材してしっかり伝えないのか、マスコミは。

ゴール裏が土下座を強要したなんて話がSNSにでていたらしいけどそれは自分が知る限りない。

誰であれどんな状況であれ土下座の姿なんて見たくないし、権田はそんなことする必要はなかったと思う。

立ち上がったあとはゴール裏に近づいてきて、さらに礼をしてみんなに謝っていました。

スタンドの色々なところから「権田ガンバレ」の声。そして戻っていく背中に「権田」コール。

東京からの復帰を断ってまで海外でのプレーを希望したのに結局鳥栖に拾われてJリーグでプレーしている経緯はやっちゃいかんことをしたと思うので褒められたものではないが、ゴール裏に挨拶、謝罪にきた姿、そして特に勇気を目の当たりにしてこれ以上あれこれ言うことはやめる。

もういいよ、まじめすぎるよ権ちゃん。そこが良くも悪くもある。絶対応援なんぞ出来ないと思っていたけどこれからはぼちぼち応援する。今日のプレーを見る限りトップコンディションからはほど遠いようだった。オーバートーレーニング症候群が今どうなっているか知らないけど、体調も精神面も(これが大きいと思う)良くして、鳥栖で活躍するのを願っている。

1 (8)
新メニュー優勝の「たれ勝つ屋」さんにて。ヘアスタイルいっしょのポーズ?



1 (9)
HTはエイプリルフールねたではなく花見ねた。



1 (7)
卒業はウソと右に小さく書いてある(^_^;)
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京