FC2ブログ

■『四月の永い夢』 シネマシティにて

1 (26)



昨日に続いて映画鑑賞。
地元国立市でロケがされていることをネットで偶然知り、海外で賞を取っているのもあって観てみようと思っていた映画。なじみの場所が出てくるのを楽しみにして、映画自体は邦画独特の長い間が多いとやだなぐらいに思っていたんだけど、ブランコ通り、白十字などがでてきてうれしかったのはもちろん、映画そのものが素晴らしかった。

3年前恋人に死なれたヒロインがいくつかのことをきっかけに小さく一歩前に踏み出そうとする。
初海を演じる朝倉あきが素晴らしく、ぼ〜としてるところ、丁寧な語り口、笑顔、泣き顔、どれも素敵だった。口調は『この世界の片隅に』のすずさんをちょっと連想した。

なかなか時を進める気持ちになれないヒロインの物語なんだけど、最後の方で驚く展開があって、そのストーリーも秀逸。

もう一度観たい。

(しかし、別のスクリーンとはいえ、今見ている映画館シネマシティが出てきたのはなんだか不思議な気分だった)

そのシネマシティには「くにたちロケーションマップ」が置いてありました。
1 (27)
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京