FC2ブログ

■椿三十郎

先週に続き「午前十時の映画祭」で見た。

『用心棒』よりユーモアがあり明るい作風。女将さんと娘のおっとりさ加減とかコミックリリーフ的な小林桂樹とか、ふすまの「や」の字をなぞる三十郎とか客席から何度も笑い声がでていた。

「本当にいい刀は鞘に入っている刀」名言ですね。

ラストはおそらく知っていたためか、みんな、息を殺して見入っている雰囲気。

「終」の文字がでて拍手。 素晴らしかった。

脚本がいいし、それぞれのキャラクターがいいし、なんといっても三船敏郎のかっこ良さは唯一無二。アウトローだけど情に厚い三十郎はハン・ソロのキャラクター設定に影響してるかもと思った。

大きなスクリーンで見ることが出来て今週もシアワセでした。
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京