FC2ブログ

■松方コレクション展 国立西洋美術館

表題の展覧会を見に行きました。

1_201908092051273b2.jpg


ゴッホの『アルルの寝室』とかモネの『睡蓮』『積みわら』とかブリューゲルの『鳥罠のある冬風景』とか有名な作品を初め、見所いっぱいでした。



でも一番良かったのは最後にEpilogueと題されたモネの『睡蓮、柳の反映』

第2次世界大戦中の疎開時代に上半分が損傷して、絵が残っているのは下部の半分ほど。2016年に再発見され、約1年の保存修復作業が行われ今回の展示になったようですが、作品の大きさ、戦争を経て大きく傷ついた姿、おそらくたくさんの人たちの気の遠くなるような細かい作業など・・・ いろいろな思いがわいてきて、「不完全な」絵を見て、なんか感動してしまいました。

1 (3)
図録より。サイズは200×425cm とても大きい。上部の茶色い部分が完全に絵の具がなくなって、画布のみになっているところ。

1 (4)
帰宅して図録を見ていて気づいた、表、背、裏がこの絵になっている。
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

Flickr

www.flickr.com

FC東京